植民地下の台湾における学校唱歌教育の成立と展開

劉麟玉 著

台湾への唱歌教育導入における伊沢修二の役割、唱歌教育に関する法令の変遷、教員の唱歌教育に対する認識、唱歌教材の郷土性の問題などを論ずる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 伊沢修二と植民地台湾の学校唱歌の成立(1895‐1897)(台湾教育の始まりから唱歌教育の実施まで
  • 伊沢修二が台湾に唱歌教育を導入した理由
  • 結び)
  • 第2章 台湾総督府制定学校唱歌要旨の変遷(初等教育における唱歌要旨についての考察
  • 師範教育における唱歌規程についての考察
  • 結び)
  • 第3章 明治期の雑誌記事からみた唱歌教育の模索(『国語学校校友会雑誌』に掲載された唱歌教育関係の記事
  • 『台湾教育会雑誌』からみた唱歌教授の思想と実態
  • 結び)
  • 第4章 唱歌教科書についての考察-台湾総督府出版の唱歌集を中心に(台湾総督府第1期教科書『公学校唱歌集』(1915)の出版経緯-一条慎三郎との関わり
  • 第1期教科書『公学校唱歌集』(1915)の特徴
  • 台湾総督府第2期教科書『公学校唱歌』(1934-35)の成立過程
  • 第2期教科書『公学校唱歌』(1934-35)の特徴
  • 結び)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植民地下の台湾における学校唱歌教育の成立と展開
著作者等 劉 麟玉
書名ヨミ ショクミンチカ ノ タイワン ニ オケル ガッコウ ショウカ キョウイク ノ セイリツ ト テンカイ
書名別名 Shokuminchika no taiwan ni okeru gakko shoka kyoiku no seiritsu to tenkai
出版元 雄山閣
刊行年月 2005.2
ページ数 261p
大きさ 22cm
ISBN 4639018789
NCID BA7143570X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20754601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想