ボーア戦争

岡倉登志 著

前世紀の交に、南アフリカの地で戦われたイギリスとオランダ人移民との戦争。大英帝国の戦争としてのボーア戦争の全貌を国際世論・大衆文化・黒人との係わりなど社会史的な視点も交えて描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 留学生の見たボーア戦争
  • 1 戦争への前ぶれ
  • 2 最初のボーア戦争
  • 3 金のための戦争?
  • 4 大英帝国の戦争
  • 5 ゲリラ戦とゲリラ対抗作戦
  • 6 戦争とサブ・カルチャー
  • 7 戦争と知識人
  • 8 戦争と黒人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボーア戦争
著作者等 岡倉 登志
書名ヨミ ボーア センソウ
出版元 山川出版社
刊行年月 2003.7
ページ数 240, 10p
大きさ 19cm
ISBN 4634647001
NCID BA62816214
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20446412
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想