人工知能

菅原研次 著

本書では、知識をコンピュータにプログラムする手法として、論理を用いた知識表現、ルールを用いた知識表現、ネットワークを用いた知識表現が、多くの例とともにわかりやすく説明されている。さらに、エキスパートシステムとは何か、どのようにつくられるのかを簡潔に説明する。また、最後の章で最近の話題であるエージェントについて説明し、今後の人工知能技術の方向の一端を理解してもらいたいと考えている。本書を読むにあたって、とくに専門的な知識は前提としていない。情報系の学生だけではなく、それ以外の読者が人工知能の基礎的考え方と応用への指針を理解するための入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人工知能の概要
  • 第2章 問題解決
  • 第3章 高度な問題の解決
  • 第4章 論理と推論
  • 第5章 述語論理とProlog
  • 第6章 知識の表現と利用
  • 第7章 エキスパートシステム
  • 第8章 エージェント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人工知能
著作者等 菅原 研次
書名ヨミ ジンコウ チノウ
書名別名 Jinko chino
シリーズ名 情報工学入門シリーズ / 城戸健一, 三井田惇郎 監修 20
出版元 森北
刊行年月 2003.3
版表示 第2版.
ページ数 179p
大きさ 22cm
ISBN 4627803028
NCID BA61447123
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20380407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想