電波工学

安達三郎, 佐藤太一 共著

本書の第1章では、高周波伝送路の理論と実際について述べている。分布定数理論を用いて伝送路に沿う波動伝搬の特性を体得すると共に、スミスチャートの使用法についても学ぶ。第2章では、電磁波が導出され、波動としての電磁波の基本的な性質を学んだのち、電気ダイポールおよび開口面アンテナからの放射について概観する。第3章では、アンテナの基礎と題してアンテナに固有な特性を記述する用語と、これらに関する基本的事項について学んだのち、アンテナ配列の主な特性について知識を深める。第4章では、アンテナの実際と題して、実用されている基本的な各種アンテナについて、それらの諸特性を分類別に述べている。第5章では、アンテナと共に無線通信の質を左右する電波の空間伝搬について、その基本的な諸特性を述べている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 高周波伝送路
  • 2章 電磁波と放射
  • 3章 アンテナの基礎
  • 4章 アンテナの実際
  • 5章 電波伝搬

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電波工学
著作者等 佐藤 太一
安達 三郎
関口 利男
西巻 正郎
書名ヨミ デンパ コウガク
書名別名 Denpa kogaku
シリーズ名 基礎電気・電子工学シリーズ / 西巻正郎, 関口利男 編 14
出版元 森北
刊行年月 1998.6
ページ数 173p
大きさ 22cm
ISBN 4627706413
NCID BA36467468
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99013868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想