東京10000歩ウォーキング : 文学と歴史を巡る  No.2 (千代田区番町・竹橋コース)

籠谷典子 編著 ; 真珠書院 編集

江戸城が最悪事態に陥ったとき、将軍は甲府城へ避難することになっていた。脱出ルートは半蔵門から麹町通りを四谷見附へ向かうと決めて、沿道地域には信頼できる旗本「大番組」を配置した。「番町」の名を興した大番組の屋敷地は、新しい実力者が保有し、今はマンションも多くなっているが、住宅地の静かな佇まいは失っていない。起伏に富んだ地形。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 上智大学
  • 浄土宗常栄山心法寺
  • 私立雙葉学園
  • 島崎藤村居宅跡
  • 千代田区立番町小学校
  • 番町文人通り
  • 日本テレビ放送網(株)
  • 「麹渓塾」跡
  • 千代田区立麹町小学校
  • 都旧跡「滝廉太郎居住地跡」碑〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京10000歩ウォーキング : 文学と歴史を巡る
著作者等 真珠書院
籠谷 典子
書名ヨミ トウキョウ イチマンポ ウォーキング : ブンガク ト レキシ オ メグル
巻冊次 No.2 (千代田区番町・竹橋コース)
出版元 明治書院
刊行年月 2013.6
版表示 再刊
ページ数 101p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-625-62434-6
NCID BB21418138
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22268853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想