〈日本幻想〉表象と反表象の比較文化論

野田研一 編著

"日本幻想"とは何か。英米文化圏における「日本をめぐる表象の諸様態」との遭遇、それを介した「自文化をめぐる表象の諸様態」への比較文化/自己再帰的なまなざし。そこから生成される新たな想像・構想力を探り出す画期的な書。友禅作家の人間国宝、森口邦彦氏との対談を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 日本幻想-表象と反表象
  • 第1部 幻想の産出-他者の発見("日本"という想像の岸辺-キプリングと明治期の日英工芸デザイン
  • ヴァージニア・ウルフの東方へのまなざし-「友情のギャラリー」の"日本幻想"
  • 若きバーナード・リーチの"日本像"-ホイッスラー、ファン・ゴッホ、劉生とのかかわりを考える)
  • 第2部 見いだされる"日本"-自己の発見(幻想としての日本/イギリス-日英博覧会(一九一〇)と庭園文化をめぐって
  • 自然を書く・見る-世紀転換期における古典文化の再利用と"日本"
  • 本土「幻想」の結末-山之口獏の「沖縄よどこへ行く」をめぐって)
  • 第3部 交錯する日本幻想-反表象の力学(弱さと正義、力と不正義-琉球・沖縄、日本、アメリカをめぐる"幻想"試論
  • 乱反射する日本幻想、オリエンタリズム小論-小島信夫の小説を手がかりに
  • フォークナーの見つめた「近代」日本-芸者人形とアメリカ南部)
  • 第4部 日本幻想の遠近法(二人の父、二つの文化-友禅をめぐって
  • 不思議の国のゴリウォグ-日本への眼差し
  • "日本幻想"の手前で息継ぎをする-未完の思考として
  • はっぽいえんどの日本幻想、もしくは「渚感覚」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈日本幻想〉表象と反表象の比較文化論
著作者等 中川 僚子
中村 邦生
久守 和子
仲程 昌徳
北川 扶生子
山里 勝己
木下 卓
森口 邦彦
窪田 憲子
笹田 直人
野田 研一
高田 賢一
竹内 理矢
書名ヨミ ニホン ゲンソウ ヒョウショウ ト ハンヒョウショウ ノ ヒカク ブンカロン
書名別名 Visionary Japan:Comparative Approaches to the Representation and Counter-Representation of Culture
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2015.3
ページ数 349,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-07149-4
NCID BB18255217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22557481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想