講座・日本経営史  第5巻

下谷 政弘;鈴木 恒夫【編著】

第二次世界大戦後の日本経済激動期、かつての敗戦国はいかにして一躍「経済大国」にまでのし上がったのか。本書は、幾度かの景気後退を含みながらも、日本経済が持続的成長を遂げた1955年から85年を対象に、高度成長を担った諸産業に焦点を当てるとともに、経済成長がもたらした「光」と「影」を描出する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大変化をもたらした30年-概説1:日本経済の1955〜85年
  • 高度成長のエンジン-概説2:「日本的」企業間競争
  • 総合商社と企業集団-総合化と集団内取引
  • 石油化学工業の誕生と産業政策
  • 戦後日本の銀行経営-銀行間競争と大衆化
  • 戦後日本における長期継続取引
  • 戦後自動車産業における組織能力の形成-製品開発組織を中心に
  • 鉄鋼寡占資本間競争とその変容
  • 小売業態の転換と流通システム
  • 人事労務管理の近代化とその変容-新日本製鐵株式会社にみる賃金制度の変遷の特質を例に
  • アジアからの視点
  • アメリカからの視点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 講座・日本経営史
著作者等 下谷 政弘
鈴木 恒夫
書名ヨミ コウザ ニホン ケイエイシ
書名別名 「経済大国」への軌跡 : 1955~1985
巻冊次 第5巻
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.9
ページ数 368p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05699-6
NCID BB03271672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21816900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想