家族心理学への招待 : 今、日本の家族は?家族の未来は?

柏木惠子, 大野祥子, 平山順子 著

晩婚化、非婚化、少子化、育児不安、育児放棄、虐待、離婚の増加…。夫婦関係も、親子関係も、親役割と職業の関係も変化していきつつあります。心理学の目線が捉えた変化の様相、30の扉。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 家族とは何か(現代日本の家族
  • 家族の起源・進化・発達 ほか)
  • 2 恋愛・結婚・夫婦(恋愛・パートナー選択
  • 結婚の意味・価値 ほか)
  • 3 子ども・親子の関係(人類の親子
  • 子どもの価値 ほか)
  • 4 「家族」再考(家族をとりまく物的環境
  • 家族を支える制度・政策 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族心理学への招待 : 今、日本の家族は?家族の未来は?
著作者等 大野 祥子
平山 順子
柏木 恵子
書名ヨミ カゾク シンリガク エノ ショウタイ : イマ ニホン ノ カゾク ワ カゾク ノ ミライ ワ
書名別名 Kazoku shinrigaku eno shotai
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.3
ページ数 208p
大きさ 22cm
ISBN 4623045838
NCID BA76415845
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21013678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想