幻想としての自由と民主主義 : 反時代的考察

木崎喜代治 著

「自由」と「民主主義」は、今日の人間を捉えている最も強力で、最も根元的で、最も普遍的な理念である。ほとんど全ての人々が、たえず至るところでいっそう多くの「自由」と「民主主義」を要求している。本書は、今日流布されているこれらの理念の欺瞞性を暴くとともに、その吟味と再定義を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自由を超えて(人間は自由であるというのはほんとうか
  • 「自由」はどのようにして誕生し、変容したのか
  • 自由は解体の原理であって、創出の原理ではない
  • 「自由」を超えて、「自律」を目指す
  • 子供は自由に育て上げられるべきであるか)
  • 第2部 民主主義を超えて(「民主政治」は現在実験中である
  • 民主政治の実現はなぜ困難なのか
  • 議会制民主政治は「賢人政治」である
  • 民主主義の平等の原則は下降化作用を持つ
  • マス・メディアは民主主義の下降化作用を促進する
  • 賢人政治的要素を強化する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻想としての自由と民主主義 : 反時代的考察
著作者等 木崎 喜代治
書名ヨミ ゲンソウ ト シテノ ジユウ ト ミンシュ シュギ : ハン ジダイテキ コウサツ
書名別名 Genso to shiteno jiyu to minshu shugi
シリーズ名 シリーズ・現代思想と自由主義論 3
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.9
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 462304131X
NCID BA68725381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20681483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想