大正外交 : 人物に見る外交戦略論

関静雄 著

「大正期外交」の再評価。明治と昭和のはざま、将来を見据え日本の外交を真剣に思考した人たち。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 朝河貫一の日米関係論-日露戦争から日米開戦まで
  • 第1章 宇垣一成と第一次世界大戦
  • 第2章 水野広徳と第一次世界大戦
  • 第3章 姉崎正治対水野広徳-第一次世界大戦後の日本の進路
  • 第4章 宇垣一成と第一次世界大戦後の日本の進路
  • 第5章 原敬の日米提携論と日支親善論
  • 第6章 水野広徳の対米海軍八割論
  • 第7章 幣原喜重郎と排日移民法
  • 第8章 幣原喜重郎の対支内政不干渉論
  • 終章 清沢洌対池崎忠孝-満州事変後の日米戦争論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大正外交 : 人物に見る外交戦略論
著作者等 関 静雄
書名ヨミ タイショウ ガイコウ : ジンブツ ニ ミル ガイコウ センリャク ロン
シリーズ名 Minerva日本史ライブラリー 11
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2001.10
ページ数 270, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4623035182
NCID BA53822599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20207077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想