鉄腕アトムと晋平君 : ロボット研究の進化と自閉症児の発達

渡部信一 著

行動をプログラム化すること、そのプログラムにもとづいて単純から複雑へといたる訓練・自閉症児にそのような訓練は有効だったのでしょうか。自閉症児が「人間らしく」育つとはどういうことか「人間らしい」ロボットとは何か、を求めていくとその交点に「人間」とは何かという問いが浮かび上がる。人間が生きていくことを支えるこれからの障害児教育を考える確かな一歩-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 鉄腕アトムと障害児教育(日常生活はあいまいで複雑であるという前提
  • 単純なものから複雑なものへ、スモール・ステップで発達していく?
  • ロボット開発のキーワードは記号計算主義
  • ロボット開発の行き詰まり-何が間違っていたのだろう? ほか)
  • 第2部 自閉症の晋平君と鉄腕アトムの共通点(幼児期
  • 小学校
  • ことばの獲得
  • 訓練
  • 最近の晋平)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉄腕アトムと晋平君 : ロボット研究の進化と自閉症児の発達
著作者等 渡部 信一
書名ヨミ テツワン アトム ト シンペイクン : ロボット ケンキュウ ノ シンカ ト ジヘイショウジ ノ ハッタツ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1998.11
ページ数 207p
大きさ 21cm
ISBN 4623029778
NCID BA38784053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99054935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想