高齢社会と地方分権 : スウェーデン発福祉の主役は市町村

斉藤弥生, 山井和則 著

政治家、官僚、組織のトップやリーダー、そして研究者などへの数多くのインタビューや議事録資料にあたり、スウェーデン地方分権の現況を伝える。日本が直面する問題をすでに経験してきたスウェーデン-日本のこれからの地方分権を考えるうえでの必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はしがき リンゴの木の根っこを探る
  • 序章 高齢化にとまどう日本
  • 第2章 スウェーデンの高齢者政策の変遷
  • 第3章 高齢化とともに進んだ地方分権
  • 第4章 地方政治家の多くは兼業議員
  • 第5章 開かれた身近な市議会
  • 第6章 スペシャリストが支える地方行政
  • 第7章 政策でたたかう比例代表選挙
  • 第8章 地域に根ざした政党政治
  • 第9章 地方分権と国会議員
  • 第10章 スウェーデンの地方分権モデルとは?
  • 第11章 日本政治の高齢化への対応-中央主導型福祉では高齢社会を乗り切れない!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高齢社会と地方分権 : スウェーデン発福祉の主役は市町村
著作者等 山井 和則
斉藤 弥生
書名ヨミ コウレイ シャカイ ト チホウ ブンケン
書名別名 Korei shakai to chiho bunken
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1994.8
ページ数 223, 4p
大きさ 21cm
ISBN 4623024415
NCID BN11104342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94066953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想