フクシマ

土田ヒロミ [撮影]

福島の風景の多くは、長い時間をかけて人の手が作りだしてきた里山である。あれほど美しかった福島の自然。四季に移ろう風景から人が退避しなくてはならなくなった事態がつづく。除染作業が進み、黒いフレコンバッグが山と積まれ始めた。風景が徐々に変わっていく。とてつもない何かが、この地に生じている。高度な文明がもたらした福島第一原子力発電所事故。自然と人間の共生が崩壊していく現場の記録には、予兆として、人類の未来が写っているのかもしれない。土門拳賞受賞、『ヒロシマ』三部作で知られる写真家が"定点観測"でとらえた放射能汚染地域の自然の変容。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フクシマ
著作者等 土田 ヒロミ
書名ヨミ フクシマ : ニセンジュウイチ ニセンジュウナナ
書名別名 FUKUSHIMA

FUKUSHIMA : 2011-2017
出版元 みすず書房
刊行年月 2018.1
ページ数 195p
大きさ 31×31cm
ISBN 978-4-622-08669-7
NCID BB25382870
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23012738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想