アメリカン・マインドの終焉

アラン・ブルーム [著] ; 菅野盾樹 訳

大学教育を中心に、現代アメリカの"精神の空洞化"を根底から抉った問題の書。現在の日本をも予見していたロングセラー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 学生(真白なノート
  • 書物
  • 音楽
  • きずな)
  • 第2部 アメリカン・スタイルのニヒリズム(ドイツとのコネクション
  • 二つの革命と二つの自然状態
  • 自己
  • 創造性
  • 文化
  • 価値
  • 左翼のニーチェ主義化、もしくはニーチェ主義の左翼化
  • われわれの無知)
  • 第3部 大学(ソクラテスの『弁明』からハイデガーの『学長就任演説』まで
  • 六〇年代
  • 学生と大学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカン・マインドの終焉
著作者等 Bloom, Allan David
菅野 盾樹
Bloom Allan
ブルーム アラン
書名ヨミ アメリカン マインド ノ シュウエン : ブンカ ト キョウイク ノ キキ
書名別名 THE CLOSING OF THE AMERICAN MIND

文化と教育の危機
出版元 みすず書房
刊行年月 2016.11
版表示 新装版
ページ数 432,9p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-08586-7
NCID BB22711386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22819067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想