進歩の終焉 : 来るべき黄金時代 ステント 著 ; 渡辺格, 生松敬三, 柳澤桂子 訳

ガンサー・S

[目次]

  • 1 分子遺伝学の興隆と衰退(古典的時代
  • ロマンチック時代
  • ドグマの時代
  • アカデミック時代)
  • 2 ファウスト的人間の興隆と衰退(進歩の終り
  • 芸術と科学の終り
  • ポリネシアへの道)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 進歩の終焉 : 来るべき黄金時代 ステント 著 ; 渡辺格, 生松敬三, 柳澤桂子 訳
著作者等 Stent, Gunther Siegmund
柳沢 桂子
渡辺 格
生松 敬三
柳澤 桂子
ステント ガンサー・S.
書名ヨミ シンポ ノ シュウエン : キタルベキ オウゴン ジダイ
書名別名 The coming of the golden age

Shinpo no shuen
シリーズ名 始まりの本
出版元 みすず書房
刊行年月 2011.11
版表示 [改版]
ページ数 202, 6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-08346-7
NCID BB07408597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22011643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想