世界文学論集

J・M・クッツェー [著] ; 田尻芳樹 訳

古典とは何か?スタイルの誘惑。告白と二重思考。検閲の闇を抜けて。狂気とライヴァル関係。言語文化横断的な批評家クッツェーの精粋を、この一冊に凝縮。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古典とは何か?講演
  • サミュエル・ベケットとスタイルの誘惑
  • カフカ「巣穴」における時間、時制、アスペクト
  • 告白と二重思考-トルストイ、ルソー、ドストエフスキー
  • 検閲の闇を抜けて
  • エラスムス-狂気とライヴァル関係
  • ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』
  • ローベルト・ムージル『日記』
  • J.L.ボルヘスの『小説集』
  • ヨシフ・ブロツキーのエッセイ
  • ゴーディマとツルゲーネフ
  • ドリス・レッシング自伝
  • ガブリエル・ガルシア=マルケス『わが悲しき娼婦たちの思い出』
  • サルマン・ルシュディ『ムーア人の最後のため息』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界文学論集
著作者等 Coetzee, J. M
田尻 芳樹
クッツェー J.M.
書名ヨミ セカイ ブンガク ロンシュウ
出版元 みすず書房
刊行年月 2015.11
ページ数 369p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07943-9
NCID BB20160554
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22668253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想