サバイバル登山家

服部文祥 著

「生きようとする自分を経験すること、僕の登山のオリジナルは今でもそこにある」ハットリ・ブンショウ。36歳。サバイバル登山家。フリークライミング、沢登り、山スキー、アルパインクライミングからヒマラヤの高所登山まで、オールラウンドに登山を追求してきた若き登山家は、いつしか登山道具を捨て、自分の身体能力だけを頼りに山をめざす。「生命体としてなまなましく生きたい」から、食料も燃料もテントも持たず、ケモノのように一人で奥深い山へと分け入る。南アルプスや日高山脈では岩魚や山菜で食いつなぎ、冬の黒部では豪雪と格闘し、大自然のなかで生き残る手応えをつかんでいく。「自然に対してフェアに」という真摯な登山思想と、ユニークな山行記が躍動する。鮮烈な山岳ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 知床の穴
  • 1 サバイバル登山まで(満ち足りた世代
  • 肉屋)
  • 2 サバイバル登山(サバイバル始動
  • サバイバル生活術
  • 日高全山ソロサバイバル)
  • 3 冬黒部(黒部とは
  • 二一世紀豪雪
  • 三つの初登攀)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サバイバル登山家
著作者等 服部 文祥
書名ヨミ サバイバル トザンカ
書名別名 Sabaibaru tozanka
出版元 みすず書房
刊行年月 2006.6
ページ数 257p
大きさ 20cm
ISBN 4622072203
NCID BA77613775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21059447
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想