水の音楽 : オンディーヌとメリザンド

青柳いづみこ 著

誘う女と誘わない女?古来からの水の精のイメージ、文学・美術にわたるファム・ファタル像、ショパン、ドビュッシー、ラヴェルらをつらぬく驚きの文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 水の精のイメージ
  • 第2章 善い水の精と悪い水の精
  • 第3章 創作された水の精
  • 第4章 魔界と人間界
  • 第5章 音楽になった水の精
  • 第6章 『ペレアスとメリザンド』とおとぎばなし
  • 第7章 『ペレアスとメリザンド』のドラマ構造
  • 第8章 「宿命と女」と「つれなき美女」
  • 第9章 メリザンドと水
  • 第10章 水の音楽

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水の音楽 : オンディーヌとメリザンド
著作者等 青柳 いづみこ
書名ヨミ ミズ ノ オンガク : オンディーヌ ト メリザンド
書名別名 Mizu no ongaku
出版元 みすず書房
刊行年月 2001.9
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4622042673
NCID BA53644424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20200481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想