逆転移 : 分裂病精神療法論集  3

ハロルド・F.サールズ 著 ; 横山博 他訳

精神分裂病の精神力動と転移現象についてのいくつかの視点、精神療法的アプローチの困難性と微妙さ-分裂病との苦闘の叙事詩ともいうべきサールズの症例報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 精神分裂病患者の精神分析療法-個人開業医の立場から
  • 2 ある境界例の思考障害
  • 3 境界例の自我機能における二重・多重の同一化過程
  • 4 精神分裂病における暴力の問題
  • 5 分裂病者の体験
  • 6 慢性分裂病患者の積極的精神療法
  • 7 精神分裂病との叙事詩的な苦闘-マリオン・マイルナー『生きている神の手』評
  • 8 レオポルド・ベラック「長期にわたる治療様式の結果およびその文脈の中での精神病の概念」についての論評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逆転移 : 分裂病精神療法論集
著作者等 Searles, Harold F.
Searles, Harold Frederic
大森 和宏
松本 雅彦
横山 博
Searles Harold F.
佐藤 健司
西口 芳伯
馬場 一彰
サールズ ハロルド・F.
書名ヨミ ギャクテンイ
書名別名 Countertransference and related subjects

Gyakuten'i
巻冊次 3
出版元 みすず書房
刊行年月 1996.3
ページ数 260, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4622040875
NCID BN06874293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96054611
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想