一般システム理論 : その基礎・発展・応用

フォン・ベルタランフィ 著 ; 長野敬, 太田邦昌 訳

本書は、提唱者自身によるシステム理論確立までの諸論稿を一書にまとめたもので、前半では、近代科学の中での一般システム理論の起源とその発展過程、その数学的基礎について、後半では、生物学、心理学・精神医学、社会科学への応用と、その哲学的帰結について論及されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 一般システム理論の意味
  • 第3章 いくつかのシステム概念の初等数学的考察
  • 第4章 一般システム理論の進歩
  • 第5章 物理学的システムとして考えた生物体
  • 第6章 開放システムのモデル
  • 第7章 生物学におけるシステム理論のいくつかの側面
  • 第8章 人間の科学とシステム概念
  • 第9章 心理学と精神医学における一般システム理論
  • 第10章 カテゴリーの相対性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一般システム理論 : その基礎・発展・応用
著作者等 Bertalanffy, Ludwig von
太田 邦昌
長野 敬
Von Bertalanffy Ludwig
フォン・ベルタランフィ L.
書名ヨミ イッパン シズテム リロン
書名別名 Ippan shizutemu riron
出版元 みすず書房
刊行年月 1973
ページ数 288p 肖像
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-02522-1
NCID BN0011898X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69003409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想