カミーユ・クローデル : 1864-1943

レーヌ=マリー・パリス 著 ; なだいなだ, 宮崎康子 訳

レーヌ=マリー・パリスは、カミーユの弟であるポール・クローデルの孫娘であり、長年、カミーユ研究に情熱を傾けてきた。近親者としてクローデル家の記録保管庫にはいることを許された彼女は、そこで、謎に満ちたカミーユの運命をとく鍵を見つけたのだった。本書は、カミーユの彫刻作品を中心に写真110ページを配し、さらに伝記、書簡、病誌、ポール・クローデルの文章「カミーユ・クローデル-彫像家」などで構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文(ジャン・グロジャン)
  • カミーユ・クローデル 彫像家(ポール・クローデル)
  • まえがき ある運命と芸術の幸運と不運
  • 伝記の断片
  • 書簡
  • カミーユ・クローデルの病跡(フランソワ・レルミット
  • ジャン=フランソワ・アリレール)
  • 作品
  • あとがき ペルセウスの楯に映ったもの(バーナード・ハウエルズ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カミーユ・クローデル : 1864-1943
著作者等 Paris, Reine-Marie
なだ いなだ
宮崎 康子
パリス レーヌ・マリー
書名ヨミ カミーユ クローデル
書名別名 Camille Claudel

Kamiyu kuroderu
出版元 みすず書房
刊行年月 1989.12
ページ数 363, 22p
大きさ 24cm
ISBN 4622015293
NCID BN03976752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91005780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想