実験レポート作成法

Christopher S. Lobban, Maria Schefter 著 ; 畠山雄二, 大森充香 訳

仮説と実験の関係とはいかなるものか?剽窃をしないためにはどうしたらいいか?観察の理論負荷性とは何か?-今まであるようでなかった、そして教えてもらいたかったが、なかなか教えてもらうことができなかった「実験レポートの書き方」と「参考文献リストのつくり方」などに関するノウハウを満載。Cambridge University Pressから刊行されている定番書の待望された翻訳。これで実験レポートは完璧に書ける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 レポートの下書きをする-レポートのフォーマット(まずは書いてみよう
  • イントロダクション
  • 材料と方法
  • 結果(その1):グラフと表
  • 結果(その2):文章を書く
  • 実験結果を評価する:考察を書く前に…
  • 考察
  • 要旨)
  • 2 レポートを完成させる-レポートのスタイル(下書きを書き直す
  • 先行研究の引用と参考文献リスト)
  • 付録 論文・実験レポートの添削例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実験レポート作成法
著作者等 Lobban, Christopher S
Schefter, Maria
大森 充香
畠山 雄二
書名ヨミ ジッケン レポート サクセイホウ
書名別名 Successful lab reports
出版元 丸善
刊行年月 2011.12
ページ数 100p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-08498-4
NCID BB07870045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22024529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想