私たちはいまどこにいるのか : 小熊英二時評集

小熊英二 著

政治の流動化、経済の低迷、変容する家族、ナショナリズムの台頭、若者の生きづらさ、沖縄の重荷、歴史認識、憲法改正など、バブル崩壊以後に現れた現代日本の諸問題を語る、一九九七年から二〇一一年までの時評と講演を集めた一冊。鋭敏な時代認識、原理的な思考、社会科学的な歴史観をもって語られる、小熊史学のエッセンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 (「ポスト戦後の思想」はいかに可能か?-現代日本の転換点
  • 戦後日本の社会運動-プレカリアート運動はどう位置づけられるか
  • 戦争の歴史と向き合う-被害・加害二元論を超えて ほか)
  • 2 (人は独創的でありたいか-社会科学的テーマの考え方
  • "保守"に吸収されゆく"普通"の市民たち-現代ナショナリズムの実像
  • 孤立がもたらすポピュリズム-ナショナリズムのいま ほか)
  • 3 (起源と歴史-戦後五五年と社会の変動
  • 沖縄アイデンティーの行方-「自立か同化か」を超えて
  • 「沖縄の戦後体制」の終わり ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私たちはいまどこにいるのか : 小熊英二時評集
著作者等 小熊 英二
書名ヨミ ワタクシタチ ワ イマ ドコニ イルノカ : オグマ エイジ ジヒョウシュウ
書名別名 Watakushitachi wa ima dokoni irunoka
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2011.3
ページ数 303p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-620-32051-9
NCID BB05304761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21910756
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想