組織の思考が止まるとき : 「法令遵守」から「ルールの創造」へ

郷原信郎 著

前代未聞の検察不祥事を入り口に、20を越える企業・官公庁のクライシス(危機)の現場を徹底的に検証することを通して浮かび上がる、日本混乱の本質。我々日本人に根づく「法令遵守」の姿勢を乗り越え、すべての組織が活力をとり戻すための「ルールの創造」とは。国の未来を切りひらく-コンプライアンス問題の第一人者として、日本における「法令と社会の実態の乖離」を指摘し続けてきた著者が示す、日本再生への道筋。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 郵便不正事件をめぐる不祥事と検察の対応
  • 第2章 検察はなぜ社会の信頼を失ったのか
  • 第3章 コンプライアンスを考え直す
  • 第4章 クライシスマネジメントを考える
  • 第5章 検察問題をコンプライアンスで考え直す
  • 終章 ルールの創造へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 組織の思考が止まるとき : 「法令遵守」から「ルールの創造」へ
著作者等 郷原 信郎
書名ヨミ ソシキ ノ シコウ ガ トマル トキ : ホウレイ ジュンシュ カラ ルール ノ ソウゾウ エ
書名別名 Soshiki no shiko ga tomaru toki
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2011.2
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-620-32037-3
NCID BB05393466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21906122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想