阿弥陀が来た道 : 百年目の大谷探検隊

佐藤健 著

聖地を求めてシルクロード探検に挑んだ傑僧の軌跡をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パミール高原からインドへ-第一次探検隊 大谷光瑞の軌跡(カシュガル到着
  • 検隊の目的 ほか)
  • 第2章 西域へ-第一次探検隊 渡辺・堀の軌跡(美しい砂漠の夕日
  • 渡辺・堀、砂漠に挑む ほか)
  • 第3章 西域から中国へ-第二、三次探検隊 橘・野村・吉川の軌跡(第二次探検隊の出発
  • 仏教遺跡の宝庫、トルファン ほか)
  • 座談会 「阿弥陀が来た道」-シルクロード・敦煌を語る(上山大峻・石山修武・杉浦康平・佐藤健)
  • 解説 大谷光瑞と大谷探検隊-中央アジア仏跡調査から百年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阿弥陀が来た道 : 百年目の大谷探検隊
著作者等 佐藤 健
書名ヨミ アミダ ガ キタ ミチ : ヒャクネンメ ノ オオタニ タンケンタイ
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2003.3
ページ数 196p
大きさ 20cm
ISBN 4620316261
NCID BA6166429X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20387658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想