久野収市民として哲学者として

久野収 著 ; 高畠通敏 聞き手

日本の市民運動を支えた知性が語るライフヒストリー。週刊エコノミスト連載、単行本化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 旧制五高の青春
  • 滝川事件(1)-学問の自由のための闘いだった
  • 滝川事件(2)-日本近代の歪みも直さず超克などできない
  • 『世界文化』参加のころ
  • 服役後、昭和高商へ
  • 『土曜日』のこと
  • 拡大する戦局
  • 敗戦・再出発(1)-激しい戦争熱のあとに徒労感
  • 敗戦・再出発(2)-平和問題談話会の構想
  • 平和問題談話会〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 久野収市民として哲学者として
著作者等 久野 収
高畠 通敏
書名ヨミ クノ オサム シミン ト シテ テツガクシャ ト シテ
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1995.9
ページ数 313p
大きさ 20cm
ISBN 4620310727
NCID BN13258799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96058706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想