現代思想の冒険

竹田青嗣 著

現代思想の全貌が、今、ここに!"知の転換"を求めて格闘するフランスを中心とする現代思想の総体を、日本で初めて概観する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 <思想の現在>をどうとらえるか
  • 第2章 現代思想の冒険(ふたつの源流-ソシュール言語学から構造主義、記号論へ
  • 構造主義-レヴィ=ストロースの「親族構造」、ラカンの「想像界と象徴界」
  • 記号論-ロラン・バルトの「神話作用」
  • 現代思想のもうひとつの源流-ニーチェと反形而上学
  • ふたつの現代社会認識-ボードリヤールの『象徴交換と死』とドゥルーズの『アンチ・オイディプス』)
  • 第3章 近代思想のとらえ返し(近代思想の起点-デカルトの<神>とカントの<物自体>
  • 近代社会の危機と自己克服-ヘーゲルからマルクスへ)
  • 第4章 反=ヘーゲルの哲学(キルケゴールと実存
  • ニーチェ-反形而上学とニヒリズムの克服)
  • 第5章 現象学と<真理>の概念(現実認識と「確信の構造」
  • <真理>概念の変更)
  • 第6章 存在と意味への問い(実存の意味
  • ハイデガーの存在論-実存論)
  • 終章 エロスとしての<世界>(バタイユの<死>の乗り超え
  • 超越としての<美>と<エロス>)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代思想の冒険
著作者等 竹田 青嗣
書名ヨミ ゲンダイ シソウ ノ ボウケン
書名別名 Gendai shiso no boken
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1987.4
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4620305685
NCID BN01455216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87032997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想