象の背中

秋元康 著

肺ガンで、余命半年という宣告を受けた48歳のサラリーマン、藤山幸弘。死を迎えるまでの半年を何に費やすか-。「自分の人生と関わった人に、"遺書"を残したい。遺書のスタイルは様々あっていい。死ぬことより、忘れられることのほうが怖い」と決意した藤山は、思いを伝えられなかった初恋の人や、若き日にケンカ別れした旧友をはじめ、過去の忘れがたい人々を訪ねてゆく。秋元康が初めて挑んだ新聞連載小説の文庫化。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 象の背中
著作者等 秋元 康
書名ヨミ ゾウ ノ セナカ
書名別名 Zo no senaka
シリーズ名 扶桑社文庫
出版元 産経新聞 : 扶桑社
刊行年月 2007.9
ページ数 460p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-594-05454-0
NCID BA83282286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21299403
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想