たいようとつきはなぜそらにあるの? : アフリカ民話より

ディレル エルフィンストーン【文】;レント ブレア【絵】<Lent Blair>;きしの じゅんこ【訳】

「大昔、太陽と水は大の仲良しで、地上に一緒に暮していました」。世界の始まりと自然現象は、科学の発達と共に、多くの理論の対象となってきたが、原始の人々は、こうした事柄について想像力豊かで、より楽しい、しかも高度な話を創りだしてきた。アフリカの民話から、エルフィンストーン・デイレルがとり上げたこの話は、太陽と月と水が、いかにして現在の姿になったか、という単純な話である。1969年コルデコット賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たいようとつきはなぜそらにあるの? : アフリカ民話より
著作者等 Lent Blair
きしの じゅんこ
レント ブレア
ディレル エルフィンストーン
書名ヨミ タイヨウトツキハナゼソラニアルノ : アフリカミンワヨリ
シリーズ名 ほるぷ海外秀作絵本
出版元 ほるぷ出版
刊行年月 2002.4.30
ISBN 459350029X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想