ミナトホテルの裏庭には

寺地はるな 著

大通りから入った閑静な地に佇む通称「ミナトホテル」は、大正末期に建てられたキャラメルのような見た目の宿泊施設だ。館内には四季折々美しい花が飾られ、骨董家具が設えられた六つの客室は防音仕様。看板を出していないのに、人知れず「眠れない」「食べられない」お客が集い、時には長期で滞在する者たちも-。誰かと繋がりあうことのよろこびを、やさしく温かく力強く紡ぎ出した、心に響く物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミナトホテルの裏庭には
著作者等 寺地 はるな
書名ヨミ ミナト ホテル ノ ウラニワ ニワ
出版元 ポプラ社
刊行年月 2016.2
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-591-14910-2
NCID BB20767936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22692855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想