母という病

岡田尊司 著

昨今、母親との関係に苦しんでいる人が増えている。母親との関係は、単に母親一人との関係に終わらない。他のすべての対人関係や恋愛、子育て、うつや依存症などの精神的な問題の要因ともなる。「母という病」を知って、それに向き合い、克服することが、不幸の根を断ち切り、実り多い人生を手に入れる近道である。現役精神科医による、あまりにも感動的かつ衝撃的な提言!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 母親という十字架に苦しんでいる人へ
  • 第1章 「母という病」に苦しむ人たち
  • 第2章 生きづらさの根っこには
  • 第3章 残された傷痕
  • 第4章 不安定な母親に振り回されて
  • 第5章 自分しか愛せない母親とその人形たち
  • 第6章 生真面目な母親の落とし穴
  • 第7章 「母という病」を克服する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母という病
著作者等 岡田 尊司
書名ヨミ ハハ ト イウ ヤマイ
シリーズ名 ポプラ新書 017
出版元 ポプラ社
刊行年月 2014.1
ページ数 326p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-591-13777-2
NCID BB14729590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22355958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想