ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。 = Why do we go to school? : マララ・ユスフザイさんの国連演説から考える

マララ・ユスフザイ 述 ; 石井光太 文

世界のどこかでいつも戦争があり、まずしいくらしをしている人たちがたくさんいる。日本にも、まずしさはあるし、差別もある。虐待やいじめもある。それをなくすのは、かんたんなことではない。戦争はいけない、と言うだけでは戦争は止まらない。差別はいけない、と叫ぶだけでは差別はなくならない。しっかりと自分の考えをつくりあげ、それを人にわかってもらえるようなことばにして伝えなければならない。その方法を手に入れるために必要なのが、学校なんじゃないだろうか。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。 = Why do we go to school? : マララ・ユスフザイさんの国連演説から考える
著作者等 Yousafzai, Malala
石井 光太
書名ヨミ ボクタチ ワ ナゼ ガッコウ エ イク ノカ : マララ ユスフザイ サン ノ コクレン エンゼツ カラ カンガエル
書名別名 Why do we go to school?
出版元 ポプラ社
刊行年月 2013.11
ページ数 63p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-591-13686-7
NCID BB14313184
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22337860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想