環境平和学 : サブシステンスの危機にどう立ち向かうか

郭洋春, 戸崎純, 横山正樹 編

[目次]

  • 第1部 開発主義世界への問題提起(維持可能な社会への架橋のために-サブシステンス視座の含意
  • グローバルエコノミー(開発経済学)に対する史的・理論的批判-平和のための経済学をめざして
  • 潜在能力アプローチの批判的検討 ほか)
  • 第2部 サブシステンス志向の実践的課題(飢餓問題の解決とサブシステンス志向-エンタイトルメントと暴力概念によるフィリピンの山村・漁村の飢餓分析
  • 開発のディレンマを越えて-大規模資源開発とグローカルネットワーク
  • サブシステンス志向のコミュニケーション-フィリピン民衆宗教行事にみる実践と課題 ほか)
  • 第3部 環境平和学の構築(開発・安全保障からサブシステンスへ-脱安全保障論序説
  • サブシステンスと世界システム論
  • 環境平和学としてのサブシステンス論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境平和学 : サブシステンスの危機にどう立ち向かうか
著作者等 戸崎 純
横山 正樹
郭 洋春
鴫原 敦子
書名ヨミ カンキョウ ヘイワガク : サブシステンス ノ キキ ニ ドウ タチムカウカ
出版元 法律文化社
刊行年月 2005.10
ページ数 242, 4p
大きさ 21cm
ISBN 4589028832
NCID BA73939362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20910714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想