太平洋戦争と上海のユダヤ難民

丸山直起 著

19世紀半ばのアヘン戦争を契機に成立した上海の租界には、いくつものユダヤ人コミュニティが形成された。のちに上海にはロシア革命やナチス・ドイツによる迫害を逃れて多くのユダヤ難民が流入し、国際政治の渦に巻き込まれてゆく。中国大陸を蹂躙した日本も、欧米との外交関係をにらみつつ、ユダヤ人への対応を検討していった。ヨーロッパ各地から上海に渡り、戦後は故国イスラエルの再興を担ったユダヤ人の苦悩に満ちた歴史とは、どのようなものであったのか。本書は、内外に散在する膨大な一次資料とインタヴューをもとに、これまで軽視されてきた近代東アジアにおけるユダヤ人の歴史を、ひろく国際関係史のなかに位置づけて詳細に描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東アジア近現代史の中のユダヤ人
  • 第1章 上海ユダヤ人社会の成立と発展
  • 第2章 ユダヤ難民の発生
  • 第3章 ユダヤ難民、東アジアへ
  • 第4章 日本のユダヤ難民対策
  • 第5章 ユダヤ難民の収容問題
  • 第6章 太平洋戦争前夜の上海
  • 第7章 開戦とユダヤ難民
  • 第8章 上海脱出
  • 第9章 イスラエル独立と中華人民共和国の誕生
  • 終章 新たな旅立ち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平洋戦争と上海のユダヤ難民
著作者等 丸山 直起
書名ヨミ タイヘイヨウ センソウ ト シャンハイ ノ ユダヤ ナンミン
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.2
ページ数 312, 32p
大きさ 22cm
ISBN 4588377035
NCID BA71133686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20831535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想