むしゃこうじ・みのる 著

平安時代に寝殿造の室内間仕切として発生し、書院造りや寺院建築に取り入れられて「襖絵」という独特の絵画様式を開花させるとともに庶民の住居にも不可欠の建具として用いられる襖の変遷を建築史・絵画史の中にさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 開閉できる障子の出現
  • 第2章 ふすま(襖)という言葉
  • 第3章 寝殿造りと障子
  • 第4章 絵巻に見る障子
  • 第5章 ふすま障子のしくみ
  • 第6章 障子に描くということ
  • 第7章 ふすま絵の発達
  • 第8章 大障壁画の全盛期
  • 第9章 ふすま障子の普及と規格化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 武者小路 穣
むしゃこうじ みのる
書名ヨミ フスマ
書名別名 Fusuma
シリーズ名 ものと人間の文化史 108
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2002.12
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 4588210815
NCID BA59750683
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20384847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想