根源悪の系譜 : カントからアーレントまで

リチャード・J.バーンスタイン 著 ; 阿部ふく子, 後藤正英, 齋藤直樹, 菅原潤, 田口茂 訳

二十世紀の歴史に癒しえぬ傷を残した数々の大量虐殺のあとで、哲学は「悪」をどう語りうるのか。カントが創出した「根源悪」の概念を軸に、人間が罪悪を犯す可能性や必然性を熟考した思想家の系譜-ヘーゲル、シェリング、ニーチェ、フロイト、レヴィナス、ヨーナス、アーレント-を鋭く一望する。弁神論による「悪」の正当化が困難な今日、倫理の根源を問い質す碩学の労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 悪、意志、自由(根源悪-自分自身と戦うカント
  • ヘーゲル-"精神"の治癒?
  • シェリング-悪の形而上学)
  • 第2部 悪の道徳心理学(ニーチェ-善悪の彼岸
  • フロイト-根絶不可能な悪と両価性)
  • 第3部 アウシュヴィッツ以後(レヴィナス-悪と弁神論の誘惑
  • ヨーナス-新しい責任の倫理
  • アーレント-根源悪と悪の陳腐さ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 根源悪の系譜 : カントからアーレントまで
著作者等 Bernstein, Richard J
後藤 正英
田口 茂
菅原 潤
阿部 ふく子
齋藤 直樹
バーンスタイン リチャード・J.
書名ヨミ コンゲンアク ノ ケイフ : カント カラ アーレント マデ
書名別名 RADICAL EVIL

Kongen'aku no keifu
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 987
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2013.1
ページ数 430,10p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00987-7
NCID BB11537684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22239446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想