感覚の分析

エルンスト・マッハ 著 ; 須藤吾之助, 広松渉 訳

デカルト以後の近世的認識論・自然観を超えんとして縦横に活躍し現代物理学とくに相対性理論に寄与したマッハ哲学の主著。自然的世界観の確実な基盤たる感覚を論じ、自然科学の方法に及ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 反形而上学的序説
  • いくつかの先入見について
  • 私とアヴェナリュウスその他の研究者たちとの関係
  • 感覚の研究に対する主要な着眼点
  • 物理学と生物学、因果性と目的論
  • 眼の空間感覚
  • 空間感覚の立入った研究
  • 意志
  • 空間に関する生物学的・目的論的考察
  • 視感覚の相互間ならびに他の心理的諸要素との関聯
  • 感覚、記憶、聯想
  • 時間感覚
  • 音響感覚
  • 以上の諸研究が物理学の考えかたに及ぼす影響
  • 本書で述べた見解がどのように受取られたか

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 反形而上学的序説
  • いくつかの先入見について
  • 私とアヴェナリュウスその他の研究者たちとの関係
  • 感覚の研究に対する主要な着眼点
  • 物理学と生物学、因果性と目的論
  • 眼の空間感覚
  • 空間感覚の立入った研究
  • 意志
  • 空間に関する生物学的・目的論的考察
  • 視感覚の相互間ならびに他の心理的諸要素との関聯
  • 感覚、記憶、聯想
  • 時間感覚
  • 音響感覚
  • 以上の諸研究が物理学の考えかたに及ぼす影響
  • 本書で述べた見解がどのように受取られたか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感覚の分析
著作者等 Mach, Ernst
広松 渉
廣松 渉
須藤 吾之助
Mach E.
マッハ エルンスト
書名ヨミ カンカク ノ ブンセキ
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1971
版表示 新装版
ページ数 355, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4588000268
NCID BB13862041
BN00847571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74010656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想