国家の正体 : 小泉改革の先を考える

日下公人 著

「国家は何のためにあり、何をなすべきで、何をなすべきでないのか?新しい思慮と検討が求められる時代が来た」凡百の常識・非常識を斬り、わが日本と日本人のあるべきかたちを問う渾身の問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 わが国のかたち-その根幹(国家意識に目覚めた日本人
  • 日本はすでに「普通の国」になった)
  • 第2部 国境を越える日本精神(日本は国際秩序の提唱者となれる
  • 日本人はもっと自信をもっていい)
  • 第3部 丸裸の日本から益荒男の日本へ(日本の文明・文化は「千五百枚重ね」である
  • 国家の正体を知る)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家の正体 : 小泉改革の先を考える
著作者等 日下 公人
書名ヨミ コッカ ノ ショウタイ : コイズミ カイカク ノ サキ オ カンガエル
書名別名 Kokka no shotai
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2005.12
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 4584188890
NCID BA75098259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20939223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想