中国の行方 : 残された社会主義大国 明日の日中関係が世界の潮流を変える

中江要介 著

日中国交正常化が実現してから、早くも20年の歳月が過ぎようとしている。21世紀、アジアの大国として日本は生き残れるか、それとも孤立無援の三流国に転落していくか、われわれ日本は今、重大な岐路に立っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 激動する世界、中国は何処へ行くのか
  • 第1章 日中国交正常化に秘められた思惑とは
  • 第2章 眠れる獅子中国の遠大なる野望
  • 第3章 中国の覇権が日本を孤立へと追い込む
  • 第4章 2049年、中国はこう変貌する
  • 第5章 日中の狭間に横たわる深くて大きな"小異"
  • 第6章 嘲笑される国権喪失国"日本"
  • 第7章 日中の"天"が落ちる時

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国の行方 : 残された社会主義大国 明日の日中関係が世界の潮流を変える
著作者等 中江 要介
書名ヨミ チュウゴク ノ ユクエ
書名別名 Chugoku no yukue
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 1991.10
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 4584181209
NCID BN06932797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92003318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想