いのちを癒す「心のとまり木」 : 心のケアの専門職精神対話士という仕事

メンタルケア協会 編 ; 小此木啓吾 監修

「対話」で心が軽くなり、明日から前向きに生きていける。対話によってもつれた心の糸を解きほぐす「聴く技術」のスペシャリスト精神対話士。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 今、真心の「対話」が求められている(話すだけで悩む心が癒される
  • 心の羽が休まる「とまり木」とは ほか)
  • 第2章 明日への「生きがい」を取り戻すために(かけ違った心のボタンを外す
  • 「北風」よりも「太陽」が心を開く ほか)
  • 第3章 心の声を聴く精神対話士の活動(高校生から主婦まで、さまざまな精神対話士
  • 心を開くにふさわしい人 ほか)
  • 第4章 さらに広がる精神対話士の「現場」(介護保険制度がカバーできない「心のケア」
  • 医療現場での精神的なサポート ほか)
  • 第5章 精神対話士になるには(二つの養成講座を受講
  • 基礎課程でメンタルケア・スペシャリストに ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちを癒す「心のとまり木」 : 心のケアの専門職精神対話士という仕事
著作者等 メンタルケア協会
小此木 啓吾
書名ヨミ イノチ オ イヤス ココロ ノ トマリギ : ココロ ノ ケア ノ センモンショク セイシン タイワシ ト ユウ シゴト
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2008.10
版表示 新装版.
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-584-13109-1
NCID BB01260074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21583484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想