検察が危ない

郷原信郎 著

絶えることのない「政治とカネ」の騒動。小沢一郎氏をめぐる政治資金問題への検察捜査は「劣化」そのものであった。検察はいつからおかしくなったのだろうか。一九九二年、東京佐川急便事件・金丸五億円ヤミ献金の上申書による罰金二〇万円決着が国民の怒りを買う。そして、一人の男が検察庁の表札に黄色いペンキを投げつけた。検察が世論を意識し始めた瞬間である。起死回生の金丸脱税事件の後、検察の歪みは「ゼネコン汚職事件」で極端な形で表れる。著者自らが体験、目撃してきた検察の内実とは-。"孤高の狼"として検察を批判し続ける著者が、新たな時代の抜本的改革に向けて贈る強烈なメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 陸山会土地取得をめぐる政治資金問題(捜査の最大の被害者
  • 記載は存在していた ほか)
  • 第2章 ガダルカナル化する特捜検察(「小沢代表秘書逮捕」をどう受け止めたか
  • 表献金か、裏献金か ほか)
  • 第3章 世論に煽られ、世論を煽る(「贈収賄」への固執
  • 投げつけられたペンキ ほか)
  • 第4章 検察をめぐる「思考停止」の構造(人間の生活ではない特捜勤務
  • 「人生」とは言えない二カ月 ほか)
  • 第5章 検察革命(「伝統的機能」と「社会的機能」
  • 特捜的システムの限界 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検察が危ない
著作者等 郷原 信郎
書名ヨミ ケンサツ ガ アブナイ
書名別名 Kensatsu ga abunai
シリーズ名 ベスト新書 274
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2010.4
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-584-12274-7
NCID BB01893354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21754930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想