東洋文明史論

桑原隲蔵 著

わが国の東洋学の泰斗による中国文明史論。華南・華北文化の歴史的変遷と特徴、人が人を食う悽絶なカニバリズムの風習、纒足・絹・木綿・婚姻・葬式などの社会風俗、紙と印刷術の発明など、漢籍とアラブ文献を駆使した重厚な諸論を収録。宮崎博士の解説を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史上より観たる南北支那
  • 支那人間に於ける食人肉の風習
  • アラブ人の記録に見えたる支那
  • 紙の歴史
  • カーター氏著『支那に於ける印刷の起源』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東洋文明史論
著作者等 宮崎 市定
桑原 隲蔵
書名ヨミ トウヨウ ブンメイシロン
書名別名 Toyo bunmeishiron
シリーズ名 東洋文庫 485
出版元 平凡社
刊行年月 1988.6
ページ数 310p
大きさ 18cm
ISBN 4582804853
NCID BN02219831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88052628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想