今昔物語集  7 天竺部

池上洵一 訳注

[目次]

  • 目次
  • 凡例
  • 巻第一 天竺
  • 釈迦如来、人間界に宿り給う語 第一 / 3
  • 釈迦如来、人間界に生まれ給う語 第二 / 6
  • 悉達太子、王城に在って楽しみを受け給う語 第三 / 11
  • 悉達太子、王城を出て山に入り給う語 第四 / 21
  • 悉達太子、山に於いて苦行し給う語 第五 / 29
  • 天魔、菩薩の成道を妨げようとする語 第六 / 36
  • 菩薩、樹下に成道し給う語 第七 / 41
  • 釈迦、五人の比丘のために法を説き給う語 第八 / 43
  • 舎利弗、外道と術を競う語 第九 / 45
  • 提婆達多、仏と諍い奉る語 第十 / 47
  • 仏、婆羅門の都城に入って乞食し給う語 第十一 / 50
  • 仏、勝蜜外道の家に行き給う語 第十二 / 54
  • 満財長者の家に仏の行き給う語 第十三 / 57
  • 仏、婆羅門の都城に入って教化し給う語 第十四 / 63
  • 提何長者、自然太子を得る語 第十五 / 65
  • 鴦掘魔羅、仏の指を切る語 第十六 / 69
  • 仏、羅睺羅を迎えて出家させ給う語 第十七 / 70
  • 仏、難陀を教化して出家させ給う語 第十八 / 76
  • 仏の叔母憍曇弥、出家し給う語 第十九 / 82
  • 仏、耶輸多羅を出家させ給う語 第二十(全文欠脱) / 86
  • 阿那律・跋提、出家する語 第二十一 / 86
  • 鞞羅羨王子、出家する語 第二十二 / 90
  • 仙道王、仏の所に詣でて出家する語 第二十三 / 92
  • 郁伽長者、仏の所に詣でて出家する語 第二十四(全文欠脱) / 102
  • 和羅多、出家して仏の弟子となる語 第二十五 / 103
  • 歳百二十に至って初めて出家した人の語 第二十六 / 108
  • 翁、仏の所に詣でて出家する語 第二十七 / 112
  • 婆羅門、酔いによって意ならず出家する語 第二十八 / 116
  • 波斯匿王、阿闍世王と合戦する語 第二十九 / 117
  • 帝釈、修羅と合戦する語 第三十 / 121
  • 須達長者、祇園精舎を造る語 第三十一 / 122
  • 舎衛国の勝義、施によって富貴を得る語 第三十二 / 126
  • 貧女、仏に糸を供養する語 第三十三 / 130
  • 長者の家の牛、仏を供養する語 第三十四 / 132
  • 舎衛城の人、伎楽をもって仏を供養する語 第三十五 / 134
  • 舎衛城の婆羅門、一めぐり仏を遶る語 第三十六 / 135
  • 財徳長者の幼な子、仏を唱えて難を遁れる語 第三十七 / 136
  • 舎衛国の五百の群賊の語 第三十八 / 138
  • 巻第二 天竺
  • 仏の御父浄飯王、死に給う語 第一 / 141
  • 仏、摩耶夫人のために忉利天に昇り給う語 第二 / 144
  • 仏、病気の比丘の恩に報い給う語 第三 / 147
  • 仏、卒塔婆を拝し給う語 第四 / 150
  • 仏、人の家に六日宿り給う語 第五 / 153
  • 老母、迦葉の教化により天に生まれて恩を報ずる語 第六 / 155
  • 婢、迦旃延の教化により天に生まれて恩を報ずる語 第七 / 158
  • 舎衛国の金天比丘の語 第八 / 161
  • 舎衛城の宝天比丘の語 第九 / 164
  • 舎衛城の金財比丘の語 第十 / 166
  • 舎衛城の宝手比丘の語 第十一 / 168
  • 王舎城の燈指比丘の語 第十二 / 171
  • 舎衛城の叔離比丘尼の語 第十三 / 175
  • 阿育王の女子の語 第十四 / 180
  • 須達長者の蘇曼女、十卵を産む語 第十五 / 183
  • 天竺で、香を焼くことにより、口の香を得る語 第十六 / 186
  • 迦毗羅城の金色長者の語 第十七 / 191
  • 金地国の王、仏の所に詣でる語 第十八 / 193
  • 阿那律、天眼を得る語 第十九 / 195
  • 薄拘羅、善報を得る語 第二十 / 197
  • 天人、法を聞いて法眼浄を得る語 第二十一 / 199
  • 常に天蓋を具する人の語 第二十二 / 201
  • 樹提伽長者の福報の語 第二十三 / 202
  • 波斯匿王の娘善光女の語 第二十四 / 206
  • 波羅奈国の大臣、子を願う語 第二十五 / 210
  • 前世に不殺生戒を守った人、二国の王に生まれる語 第二十六 / 217
  • 天竺の神、鳩留長者のために甘露を降らし給う語 第二十七 / 220
  • 流離王、釈種を殺す語 第二十八 / 222
  • 舎衛国の群賊、迦留陀夷を殺す語 第二十九 / 235
  • 波斯匿王、毗舎離の三十二子を殺す語 第三十 / 237
  • 微妙比丘尼の語 第三十一 / 243
  • 舎衛国の大臣師質の語 第三十二 / 248
  • 天竺の、女子は父の財宝を伝えられぬ国の語 第三十三 / 252
  • 畜生百頭を具する魚の語 第三十四 / 259
  • 天竺に異形の天人降る語 第三十五 / 262
  • 天竺の遮羅長者の子、閻婆羅の語 第三十六 / 264
  • 満足尊者、餓鬼界に至る語 第三十七 / 267
  • 天竺の親子二人の長者、慳貪の語 第三十八 / 269
  • 天竺の利群史比丘の語 第三十九 / 271
  • 曇摩美長者の奴、富那奇の語 第四十 / 274
  • 舎衛城の婆提長者の語 第四十一 / 277
  • 天竺部・固有名詞解説 / 281
  • 解説 / 309

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 今昔物語集
著作者等 永積 安明
池上 洵一
書名ヨミ コンジャク モノガタリシュウ
書名別名 Konjaku monogatarishu
シリーズ名 東洋文庫 ; 368
巻冊次 7 天竺部
出版元 平凡社
刊行年月 1979.12
ページ数 331p
大きさ 18cm
ISBN 4582800890
4582800963
4582801048
4582801129
458280120X
4582803687
4582803741
4582803792
4582803830
4582800807
NCID BN00235371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80011492
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想