オーウェル評論集  1

ジョージ・オーウェル 著 ; 川端康雄 編

玻璃のように澄んだ言葉で大英帝国への憎しみを語ったオーウェル、「右であれ左であれ、わが祖国」と、英国への愛を語ったオーウェル、どちらもおなじディーセントなオーウェル。英国植民地政策を批判した「絞首刑」「象を撃つ」、一民兵として戦争の内実を綴った「スペイン戦争回顧」、子供時代のアイロニカルな回想「あの楽しかりし日々」など、"経験"をテーマとした自伝的エッセイを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 絞首刑
  • 象を撃つ
  • マラケシュ
  • 右であれ左であれ、わが祖国
  • スペイン戦争回顧
  • 『動物農場』ウクライナ版への序文
  • なぜ私は書くか
  • 一書評家の告白
  • 貧しき者の最期
  • あの楽しかりし日々
  • 「私の好きなように」より

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーウェル評論集
著作者等 Orwell, George
井上 摩耶子
小野 協一
小野寺 健
川端 康雄
オーウェル ジョージ
書名ヨミ オーウェル ヒョウロンシュウ
書名別名 象を撃つ : 新装版

Oueru hyoronshu
シリーズ名 平凡社ライブラリー 687
巻冊次 1
出版元 平凡社
刊行年月 2009.11
版表示 新装版
ページ数 318p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76687-5
NCID BB00189156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21699002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
象を撃つ : 新装版 河合秀和, 河野徹, 鈴木寧, 鈴木建三, 鶴見俊輔, 井上 摩耶子, 小野 協一, 小野寺 健, 川端 康雄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想