中野重治とモダン・マルクス主義

ミリアム・シルババーグ 著 ; 林淑美, 林淑姫, 佐復秀樹 訳

1920‐30年代、中野が敢行した「詩の変革」のうちに書きこまれたのは、ルカーチ、ベンヤミン、グラムシ、バフチンら「現代の起源」の時代の根底的な批判者たちと同じ思考、同じ経験、同じ反撃の合図だった。彼らとの同時代性をてこに、既成の解釈の檻のなかから中野重治を救済する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中野重治を救済する
  • 人生からの断片
  • 二つに引き裂かれた世界
  • 歌(歴史の発見
  • 大正文化の再生産
  • 革命のダイアローグ
  • 歌の終わり)
  • マルクス主義は現代に呼びかける

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中野重治とモダン・マルクス主義
著作者等 Silverberg, Miriam Rom
佐復 秀樹
林 淑姫
林 淑美
Silverberg Miriam
シルババーグ ミリアム
書名ヨミ ナカノ シゲハル ト モダン マルクス シュギ
書名別名 Changing song

Nakano shigeharu to modan marukusu shugi
出版元 平凡社
刊行年月 1998.11
ページ数 379p
大きさ 22cm
ISBN 4582486444
NCID BA38846172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99053093
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想