冬螢

森真沙子 著

天保の改革で吹き荒れる不況風。土一升金千両と言われる日本橋もその例に洩れず、商才に長けた蜻蛉屋こと"とんぼ屋"女将お瑛も青息吐息の毎日。そんな折、幼馴染みの鋳掛け職人常次の死が知らされた。原因は、神田と伝馬町の神輿同士の喧嘩に巻き込まれた結果であったが…(第一話『夢ぞかし』より。他に五篇を収録)。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冬螢
著作者等 森 真沙子
書名ヨミ フユボタル
書名別名 Fuyubotaru
シリーズ名 日本橋物語 10
二見時代小説文庫 10
出版元 二見書房
刊行年月 2013.4
ページ数 318p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-576-13041-5
全国書誌番号
22227546
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
乱れ三味線 森 真沙子
夢ぞかし 森 真沙子
弔い花 森 真沙子
泣き虫びいどろ 森 真沙子
螢狩り 森 真沙子
車輪の下 森 真沙子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想