姉の中指、妹の濡れ指

館淳一 著

猪俣尚紀は資産家の大叔父・真之介に秘密の高級娼館「バルバロス館」へ誘われる。戦後、進駐軍の手で華族の邸から倒錯の牢獄へと変貌を遂げた館には、夏美と冬香という美しき令嬢奴隷が待ち受けていた。姉妹の淫戯に翻弄される尚紀。やがて初めて持たされた鞭によって、己に流れるサディストの血に目覚めていく。プレイは電流責め、蝋燭責めとエスカレートして-!性愛の巨匠・館淳一による渾身のエロス大作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 姉の中指、妹の濡れ指
著作者等 館 淳一
書名ヨミ アネ ノ ナカユビ イモウト ノ ヌレユビ : チョウヘン ミツジョク エロス
書名別名 長編蜜辱エロス

Ane no nakayubi imoto no nureyubi
シリーズ名 双葉文庫 た-25-12
出版元 双葉社
刊行年月 2015.8
ページ数 399p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-575-51813-9
全国書誌番号
22607596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想