バスに乗ってどこまでも

かとうちあき 著

北は秋田から西は岡山まで。東京を夜出れば、翌朝には日本全国だいたいのところに行けてしまう。高速バスを使って、宿泊は野宿。1万円あれば旅はこんなに楽しめる!『野宿野郎』編集長(30代/女)がお金をかけずに旅をした初の紀行エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 最初は目的も簡単に
  • 新潟はボケの世界だった
  • 修善寺の日常でほっとする
  • 会津若松で被災地のおじさんに出会う
  • 祭りを求めて金沢へ
  • 富士山頂でいじけまくり
  • うなぎの夢は花火とともに散る
  • 木曽路でタイムスリップ気分
  • トイレとガスはありがたいものである
  • 浅野祥雲先生と現代美術家がつくったワンダーランド〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バスに乗ってどこまでも
著作者等 かとう ちあき
書名ヨミ バス ニ ノッテ ドコマデモ : ヤスクテモ タノシイ タビ ノ ススメ
書名別名 安くても楽しい旅のすすめ
出版元 双葉社
刊行年月 2014.9
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-575-30736-8
NCID BB17184849
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22471778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想