大量生産品のデザイン論

佐藤卓 著

商品の「価値はすでにそこにある」。それを「見つけ」「引き出し」「つなぐ」すべての「想い」は集まり、デザインが生まれる!「明治おいしい牛乳」「ロッテキシリトールガム」…ロングセラーとなった商品とデザインの秘密。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「大量生産品」をデザインするということ
  • 2 アイデンティティを共に構築する…VI、CI
  • 3 デザインとの出会い
  • 4 電通で学んだこと
  • 5 デザインの解剖
  • 6 デザインの解剖から見えてきたもの
  • 7 プロフェッショナルであるということ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大量生産品のデザイン論
著作者等 佐藤 卓
書名ヨミ タイリョウ セイサンヒン ノ デザインロン : ケイザイ ト ブンカ オ ワケナイ シコウ
書名別名 経済と文化を分けない思考

Tairyo seisanhin no dezainron
シリーズ名 PHP新書 1126
出版元 PHP研究所
刊行年月 2018.1
ページ数 245p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-83739-0
NCID BB25157400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22995448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想