未来記の番人

築山桂 著

天下を揺るがす書として封印されてきた、聖徳太子の予言の書『未来記』。その書が納められている大坂・四天王寺には"番人"がいた。僧・天海から、幻の書を奪取せよとの密命を帯びた異能の忍び・千里丸は、不思議な能力を持つ少女と出逢い、自分の生き方に疑問を持ち始める。秘宝をめぐる、異能者たちに公儀隠密、南蛮絞りの秘術を操る豪商も絡んだ壮絶な闘いを描く、痛快時代エンタテイメント!文庫書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未来記の番人
著作者等 築山 桂
書名ヨミ ミライキ ノ バンニン
シリーズ名 PHP文芸文庫 つ4-1
出版元 PHP研究所
刊行年月 2015.1
ページ数 490p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-569-76296-8
NCID BB19257218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22520325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想